スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  それもとっても難しいなって 

 ★ TIPS=制作裏話のような ★

13人の豪華ゲストの美麗なイラストは大きくして見たい。
でも販売するためには B5サイズにしないと駄目

………

そうだ!全頁折込みピンナップ本にすれば
B5の倍のB4サイズの大きなイラストが見れるぞ!!

から始まった全員ピンナップ集。
最初は単純に中綴じ製本にすればいいかなと思ったんですが

中綴じ本にした場合、折った側が紙の厚さで盛り上がり
表面が平らにならず、右上がりに浮いてしまう。
それはもう不細工な本に。

方法として考えられるのは

①平綴じ
 中綴じ同じ理由で → ×
②リング
 リングの部分が一緒に梱包する合同誌を痛めてしまうので → ×
③リングファイル
 梱包上、ファイルをB5にしなければならず、
 綴じ穴分が絵にかかる、また、絵がかなり絵が小さくなってしまう → ×
④製本を諦めて、折りポスターにしてファイルケースにまとめる
 絶対本にしたい → ×

残るは
④ハードカバー
通常通りに製本すると中綴じ本と同じ現象が起こってしまうが
工法を変えることで対応できるとのこと。


文字にするとたった数行のことなのですが
見本を検討、試作を繰り返して、一つ一つ問題を発見していったので
とにかく時間がかかりました

本の厚みが決まらないと次の工程(箱とケース)に進めません。

最終的にハードカバーに決まり、紙を本番と同じ状態にした束見本を作りました。

折による段差は厚紙を入れて調整。

HERDCOVER1.jpg

厚紙の太さも少しづつ変えています。


HERDCOVER2.jpg

イラストをしっかり見ることが出来るように180度開きます。


合同誌とケースに収めるためにハードカバー部分を含めてB5サイズに変更しました。




スポンサーサイト
[ 2011/12/22 15:16 ] TIPS 3 ハードカバーピンナップ集 | TB(-) | CM(-)
バナー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。