スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  それはとっても難しいなって 

 ★ TIPS=制作裏話のような ★


出来る限り折れないよう、痛まないように頑張ってますが

それでも折れていた場合は、目をつぶってやってください……。

表紙にするっていうのがそもそも無茶企画だったのです。


--------------------------------------------------------


表紙をレーザーカットで作りたいです。
レースのように可愛い感じで。

それを聞いた緑陽社の鈴木さんは、最初意味が判らなかったようで
サンプルとして持ち込んだグリーティングカードを見て言葉を失ってました。
流石にすぐに気を取り直し、ぱっと思いつく問題点を提議。

・B5サイズのような大判をレーザーカット加工できるのか。
・大量生産可能なのか
・というか出来ても製本できるの?
 

トムソン加工に変更するとか、
表紙をやめて中に綴じこむとか、
銅版でも似たようことできますよとか、提案がありましたが
トムソンはミリ単位の繊細な切り抜きが出来ないし、銅版は無骨だし、
表紙の方が可愛いので表紙でお願いしますと無茶ぶり。

打ち合わせで、みんなでうんうん唸った結果
PPカバーを掛けて保護をして
折れそうで危ない外枠部分をフォトフレームのような太い枠にすればなんとか……

とにかくカットさえ出来れば、あとは製本のプロのこちらで考えますという力強い言葉を頂き

早速デザインしてみました。

CUTCOVER1_1.jpg


フォトフレームのような太枠という言葉をすっかり忘れています……
でも、ものは試しと制作依頼してみました。

CUTCOVER0.jpg

できました。

本当に繊細な線が綺麗に切り抜かれています。
外枠太いように見えますが、製本の段階で上下5ミリカットされるので
実際の太さは5ミリ以下。
いくらなんでも細すぎです。

左側の余白レースはカバーのように巻き込んだら製本しやすいかなと思って作ってみました。
さらに製本が難しくなるのでやめて下さいと却下されました。

CUTCOVER3.jpg

ためしに表紙の刷りだしの上に重ねてみました。
とてもいい感じですが、白のドレスの上に白のレースなので目立たない。
本番は黒に変更しました。
白のレースデザインは捨てがたいので通常版(レーザーカット無し、ニス塗り)に活かすことに。

CUTCOVER1.jpg

慎重に扱っていたのですが、早速折れが……。
これにはかなり凹みました。


CUTCOVER2.jpg

これは裏側。淵に茶色の焦げ目が見えます。
細かいデザインなのでしっかり切り抜くためにレーザーの出力を上げると
焼きすぎて線が更に細くなってしまうという悪循環。


こちらが最終稿です。
CUTCOVER1_2.jpg

枠を太くして、折れそうな箇所は線を繋いで補強しています。


レーザーカットは
走らせたレーザーの照射距離、照射時間によって値段が決まります。
1枚からでも加工可能です。





スポンサーサイト
[ 2011/12/22 15:16 ] TIPS 2 合同誌表紙 | TB(-) | CM(-)
バナー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。